1: ◆EMP2/llDPmnz @透明な湖φ ★ 2013/02/12(火) 00:48:11.60 ID:??? BE:922971375-PLT(17024)
 科学技術振興機構(JST)、藤田学園(藤田保健衛生大学)、生理学研究所(生理研)の
3者は2月6日、日本医科大学、理化学研究所、九州大学、久留米大学、岐阜大学、愛
知県 心身障害者コロニー発達障害研究所、アステラス製薬、放射線医学研究所、東京
工業大学との共同研究により、遺伝子操作により脳内で軽度の慢性炎症を起こさせた
マウスは、脳の一部が未成熟な状態になっており、その結果、「作業記憶」の低下や巣
作り行動の障害が引き起こされていることを明らかにしたと発表した。

 成果は、藤田保健衛生大 総合医科学研究所の宮川剛教授、生理研の高雄啓三特任
准教授らの共同研究グループによるもの。研究はJST戦略的創造研究推進事業チーム
型研究(CREST)の一環として行われ、詳細な内容は、米国東部時間2月6日付けで米国
神経精神薬理学会誌「Neuropsychopharmacology」オンライン版に掲載された。

 統合失調症は、あらゆる人種や地域において、総人口の約1%で発症するが、未だに十
分な予防・治療法が確立されていない精神疾患であり、近年、その原因遺伝子探索に向
けた大規模な「ゲノムワイド関連解析」が実施されている。その結果、統合失調症は単独
の遺伝子変異で引き起こされることはごくまれで、多くの場合は複数の小さい効果を持つ
遺伝子多型による遺伝的要因とさまざまな環境要因の組み合わせによって発症するもの
であると考えられるようになった。

 また、複数の信頼性の高い大規模解析により、免疫に関わる遺伝子情報が多く含まれ
る領域である「主要組織適合遺伝子複合体(MHC)」において、統合失調症に関連する遺
伝子多型が多数同定されており、そのMHC領域と統合失調症との関係が注目されるよう
になってきており、研究グループも発足された2003年から、160を超す遺伝子改変マウス
の系統に対し、「網羅的行動テストバッテリー」を用いた行動調査を実施してきており、今
回、それらの中から「Schnurri-2欠損(Shn-2 KO)マウス」が、顕著な行動異常を示す系統
であることを見出したという。ちなみにShn-2は当初、MHC領域に結合する分子として発見
されたが、現在ではMHC領域にある遺伝子の発現制御に関わっているものであると考え
られるようになっているという。

 今回の研究では、Shn-2 KOマウスは、野生型マウスに比べて作業記憶(状況の変化や
作業の進行に応じて、必要な情報の処理と保持を行う一時的な記憶機能)が悪くなってい
たほか、「プレパルス抑制(PPI)」の障害、社会的行動の低下、巣作り行動の障害、快楽
消失など統合失調症とよく似た行動異常のパターンを示すことが網羅的行動テストバッテ
リーによる解析で明らかにされた。

 PPIは、強い刺激、例えば大きな音をヒトや動物に突然与えると驚愕反応が引き起こされ
るが、その刺激の直前に微弱な刺激(小さな音)を提示すると驚愕反応が抑制されること現
象であるが、統合失調症の治療薬として使われている「ハロペリドール」の投与で改善する
ことが確認されたとのことで、同マウスで見られた一連の行動異常が統合失調症患者で見
られる認知障害や陰性症状などに相当するものと考えられたことから、行動レベルで統合
失調症患者にそっくりなマウスを同定することに成功したことが示されたこととなった。

http://news.mynavi.jp/news/2013/02/09/009/images/001l.jpg
画像1。Shn-2 KOマウスで見られた統合失調症に似た行動異常に関するデータなど。8方
向放射状迷路(A)で調べられる作業記憶が顕著に悪くなっていた(B)ほか、活動性の亢進、
社会的行動の低下、プレパルス抑制の障害など統合失調症に似た行動異常のパターンだ
と示された(C)

>>2に続く

ソース:マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2013/02/09/009/index.html

★依頼スレ@レスhttp://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1355754323/167番より

続きを読む