2ちゃんの科学

宇宙

超大質量ブラックホールが「光速」に迫る速さで回転していることが判明




画像元:http://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/~yueda/newtype-press/

【宇宙】超大質量ブラックホールが「光速」に迫る速さで回転していることが判明より



1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/02/28(木) 22:54:00.94 ID:???
地球から6000万光年彼方の超大質量ブラックホールが、
光速に近い速度で回転していることを突き止めたと、
米大学の研究者らが28日付英科学誌「ネイチャー」で発表した。

研究の対象となったブラックホールはNGC1365という棒渦巻き銀河の中心部にあり、直径は300万キロ以上。
質量は太陽の約200万個分あり、表面が光速に近いスピードで回転しているという。
研究チームは米航空宇宙局(NASA)の宇宙望遠鏡「NuSTAR」と、
欧州宇宙機関(ESA)のX線観測衛星「XMMニュートン」を使って
このブラックホールの高エネルギーX線を測定。
ここから回転速度をはじき出した。同じような試みはこれまでも行われたが、
速度を決定的に算出できたのは今回が初めてという。

メリーランド大学のクリストファー・レイノルズ教授は、超大質量ブラックホールを理解することは
宇宙の生成と進化について知ることと深くつながっていると語る。
また、研究チームのリーダーであるハーバード・スミソニアン天体物理学センターのグイド・リザリティ氏は、
「回転速度の測定はブラックホールの成長、ひいては銀河の進化を理解する手段となる」と述べた。
今回のような分析をさらに遠方の銀河に対しても行い、銀河の進化のさまざまな段階を追うことが夢だと語る同氏。
「はるか遠い銀河にある数百ものブラックホールを分析するためには、
今よりはるかに感度のいい次世代の観測施設が必要だ」と今後の展望を述べた。

ソース:CNN(2013.02.28 15:58)
http://www.cnn.co.jp/fringe/35028900.html
画像:棒渦巻き銀河NGC1365のブラックホールの回転速度を測定
http://www.cnn.co.jp/storage/2013/02/28/70639adc63fcb5236ce75a8c48a4ae80/130227165200-black-hole-spin-story-top.jpg
画像:超大質量ブラックホールのイメージ図
http://www.cnn.co.jp/storage/2013/02/28/f07aa54b0dcfe386bd16f3ab2299a16b/blackhole-image.jpg

続きを読む

【宇宙】常に変化し続ける木星の素顔 天文学者とアマチュア天文家の協力で明らかに



木星

1: 白夜φ ★ 2012/10/23(火) 00:18:11.39 ID:???
<常に変化し続ける木星の素顔>

【2012年10月22日 NASA】
縞模様がまるごと消えては現れるなど常に変化している木星の大気の詳細が、
天文学者とアマチュア天文家の協力で明らかになってきた。
----------------
小さな隕石の衝突が常に起こっている木星の表面では、大気の縞やホットスポット(明るい領域)などの模様が浮かんでは消え、
雲があちこちで凝集しては霧消するといった変化が起こっている。

「わたしたちが見ているこのような変化は、木星全体で起こっています。
以前から見られたような変化でも、近年の観測装置の発達でまた新しいことがわかります。
この数十年で初めての変化や、あるいは全く見たことのないような状態になっている領域も見られます。
さらに、木星に今ほど多くの衝突が発生したこともありません。どうしてこのようなことが起こっているのかを調査しているところです」
(NASAジェット推進研究所のClenn Ortonさん)。

研究チームは、2009年から2012年まで赤外線で木星の観測を行い、それらを熱心なアマチュア天文コミュニティーが撮影した
高画質の可視光画像と比較した。南赤道縞と呼ばれる有名な褐色の縞が、2009年から2011年にかけてゆっくり消えて
再び現れたことを受け、北赤道縞も調査してみた結果、同様の現象が北赤道縞でも起こっていることがわかった。
北赤道縞は2011年、ここ100年以上で見たこともないほどまで薄くなり、今年3月からは再び元の色に戻りはじめた。

NASAの赤外線望遠鏡(IRTF)と国立天文台のすばる望遠鏡によるデータからは、縞の変化と同時に北赤道縞地域の
深層部の雲頂面(雲の上面)が厚くなっていくこと、そして上層部の雲頂面は必ずしもそれと同調していないことがわかった。
これは、深層部と上層部がともに変化していった南赤道縞とは異なる結果だ。
またこの赤外線観測からは、「ブラウンバージ(白い領域でよく見られる褐色の小さな楕円型斑点)」と呼ばれる模様が、
乾燥した空気の下降流が発生する、雲の少ない晴れた領域であることも明らかになった。

北赤道縞の南の縁に沿って見られるくすんだ青色の模様も調べられた。
これらの模様は、木星で最も乾燥して晴れた領域で、大気の超深部からの放射が出ているため、赤外線では非常に明るい
ホットスポットとして見えることもわかった。1995年にNASAの探査機「ガリレオ」が小型探査機を落下させたのも、こうした領域の1つだ。
これらのホットスポットは2010年から2011年にかけて北赤道縞の消失とともに消え、2012年6月には縞と一緒に再び現れた。

また、木星の閃光現象についても調べられている。
木星の大気に飛来物が衝突すると閃光が発生し、多くのアマチュア天文家たちによって観測されている。
2010年以降、直径15m以内と思われる天体の衝突が3回観測された。
最近では、9月10日にアメリカで閃光現象が目撃されているが、Ortonさんたちの赤外線観測によれば、1
994年と2009年の衝突のような恒常的な大気の変化は起こらなかったようだ。

「ここ数年間で木星への衝突が非常に多いように思えます。技術の高い多数のアマチュア天文家が、
木星を観測して天文学者たちの研究に貢献してくれるからだと思います。こうしたアマチュアとの協力関係を大事に
育てていきたいと考えています」(Orton氏)。
___________

▽記事引用元 AstroArts配信記事
http://www.astroarts.co.jp/news/2012/10/22jupiter/index-j.shtml

可視光と2つの赤外線波長で見た木星大気の変化。
2009年から2010年の間は南赤道(SEB)が姿を消して、2011年から2012年には北赤道縞(NEB)が消えかけていくことがわかる。
(提供:NASA/IRTF/JPL-Caltech/NAOJ/A. Wesley/A. Kazemoto/C. Go)
http://www.astroarts.jp/news/2012/10/22jupiter/belts.jpg

続きを読む

【宇宙開発】中国、地球観測衛星「資源1号02C」を搭載した長征4号乙ロケット打ち上げ成功



1: TOY_BOx@みそしるφ ★ 2011/12/27(火) 03:23:36.00 ID:???
中国国家航天局(CNSA)は北京時間12月22日11時26分(日本時間12時26分)、
地球観測衛星「資源1号02C」を載せた「長征4号乙」ロケットを、山西省の
太原衛星発射センターから打ち上げた。

打ち上げられたロケットは順調に飛行し、打ち上げから約13分後に
「資源1号02C」を所定の軌道に投入し、打ち上げが成功した。

「資源1号02C」は中国空間技術研究院が開発した高解像度の地球観測衛星で、
重さは約2100kg。マルチスペクトルCCDカメラや高解像度カメラなどの科学装置を
搭載し、画像を撮影して、環境保護、都市計画、農業生産などに役立てるという。

これで、中国は2011年に予定されていた19回の打ち上げを全て終え、18回の
成功を記録した。これは中国の年間打ち上げ最高記録を更新しただけでなく、
アメリカの2011年の年間打ち上げ記録も抜いたという。

なお、今回の打ち上げは長征ロケットシリーズにとって155回目の打ち上げだった。

■我国成功発射“資源一号”02C衛星
http://news.xinhuanet.com/2011-12/22/c_111275077.htm


http://www.sorae.jp/newsimg11/1226longm.jpg
▽記事引用元 : sorae.jp December 26 - 2011
 http://www.sorae.jp/030809/4575.html

続きを読む

【宇宙】第一期水循環変動観測衛星「しずく」と宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機の打ち上げは延期



1: ● ◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★ 2011/12/27(火) 18:21:31.41 ID:??? BE:143814522-2BP(1056)
本日変更が発表されたJAXAの年度計画によると、
本年度に予定されていた、第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)と
宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3)の打ち上げが延期となり、
平成24年度へと変更になっている。

JAXA平成23年度年度計画
http://www.jaxa.jp/about/plan/pdf/23rd-year_plan-a.pdf
計画変更
http://www.jaxa.jp/about/plan/pdf/23changes-a.pdf

続きを読む

【天文】直径約200kmの巨大クレーター発見、3億年前に小惑星が衝突か/オーストラリア



1: 一般人φ ★ 2013/02/24(日) 00:20:50.79 ID:???
【2月22日 AFP】豪サウスオーストラリア(South Australia)州の内陸部にあるイースト・ワーバートン盆地
(East Warburton Basin)で、3億年以上前に起きた小惑星の衝突によってできたと考えられる直径
約200キロメートルの巨大なクレーターが発見された。

 オーストラリア国立大学(Australian National University)地球科学研究所(Planetary Science Institute)の
客員研究員、アンドリュー・グリクソン(Andrew Glikson)氏はこの小惑星について、直径は10~20キロ程度で、
先週ロシア上空で爆発した隕石(いんせき)よりもはるかに大きかったとの見方を示した。

 巨大クレーターは深さ3キロ以上に及ぶ堆積物の下に埋もれた状態で見つかった。グリクソン氏はAFPが
20日行った取材に対し、「衝突の影響を受けたエリアの大きさには本当に驚かされる。少なくとも(直径)200キロの
範囲に広がっていて、これまでに発見された中で恐らく3番目の大きさだ」と述べた。

 また、「このエリアだけでなく、地球規模の影響があったはずだ」という。衝突時には大量のちりや蒸気が
巻き上がり、地球をまるで毛布のように覆った可能性がある。

 同氏は最近のロシアでの隕石落下や、直径45メートルの小惑星「2012 DA14」が地球のそばを通過したことにも触れつつ、
今回発見されたクレーターを作るほどの規模での衝突は、非常にまれなものだと説明した。(c)AFP

▽画像 ロシア・ウラル(Ural)地方のチェリャビンスク(Chelyabinsk)で撮影された、落下した隕石の痕跡とみられる雲
(2013年2月15日撮影)。(c)AFP/74.RU/OLEGKARGOPOLOV
http://img.afpbb.com/i-img/image_for_msafari.php?article_id=10294571&mode=normal_detail&.jpg

▽記事引用元 AFPBB News( 2013年02月22日 12:26)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2929587/10294571

続きを読む
ギャラリー
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【宇宙】初の韓国製ロケット打ち上げ、前倒し計画を見直し 時期短縮に伴う追加予算の額があまりにも大きく…
  • 女性の好みが男性器の進化に影響
  • 超能力開発実験
  • 糖質0%にダイエット効果はありません。
アクセスランキング
  • ライブドアブログ