2ちゃんの科学

医学

女性の好みが男性器の進化に影響



続きを読む

【医学】統合失調症に似た特徴を持つ遺伝子改変マウスを確立 モデルマウスを使って患者の新しい予防・診断・治療法へ道/生理研など



1: 白夜φ ★ 2013/02/11(月) 22:27:36.81 ID:???
統合失調症に似た特徴を持つ遺伝子改変マウスを確立
-モデルマウスを使って患者の新しい予防・診断・治療法へ道-

ポイント
▼統合失調症は総人口の約1%で発症し、遺伝要因と環境要因の両方が発症に関与。
▼ ヒトの統合失調症に似たモデルマウスを作成。炎症を抑えることで症状の一部が改善。
▼統合失調症の新しい予防・診断・治療法の開発と創薬に期待。

JST 課題達成型基礎研究の一環として、藤田保健衛生大学 総合医科学研究所の宮川 剛 教授、自然科学研究機構
生理学研究所の高雄 啓三 特任准教授らは、遺伝子操作により脳内で軽度の慢性炎症を起こさせたマウスは、脳の一部が
未成熟な状態になっており、その結果、作業記憶注1)の低下や巣作り行動の障害が引き起こされていることを明らかにしました。
 
本研究グループは、行動異常を網羅的に調べる「網羅的行動テストバッテリー注2)」を用い、約10年にわたり精神疾患の
モデルマウスの探索を行っています。これまでに160系統以上を解析した結果、Schnurri-2注3)遺伝子欠損(Shn-2 KO)マウスが
作業記憶と呼ばれるタイプの記憶や、社会的行動の異常など、統合失調症注4)患者で見られる症状(主として認知障害や陰性症状)と
そっくりな行動異常を示していることを突き止めました。このマウスの脳を解析したところ、遺伝子発現パターンが統合失調症患者の
死後脳と酷似していたほか、パルバルブミン注5)陽性細胞数の減少や脳波の異常など統合失調症患者の脳で報告されている
特徴の多くを持っていました。さらに、Shn-2 KOマウスの脳で慢性的で軽度な炎症が起こっていること、脳の一部(海馬歯状回)が
未成熟な状態にあることを発見しました。炎症を抑えることにより、このマウスの海馬歯状回の成熟状態が改善し、さらに行動異常のうち
作業記憶の障害と巣作り行動の障害が改善されることが明らかになりました。
 
このマウスの脳は統合失調症患者の脳と特徴が極めてよく似ており、このマウスをモデルとして活用することで、
統合失調症の病因・病態の理解が飛躍的に進むと考えられます。
今後、抗炎症作用を持つ物質と既存の抗精神病薬とを組み合わせた投与の効果をこの統合失調症モデルマウスで検討し、
効果が見られた方法で実際の患者の症状が改善するかどうかを調べることにより、統合失調症の新たな治療法の開発が進むと
期待されます。
 
本研究成果は、日本医科大学、理化学研究所など12機関の共同研究により得られ、2013年2月6日(米国東部時間)に
米国神経精神薬理学会誌「Neuropsychopharmacology」のオンライン版で公開されます。

*** 引用ここまで 全文は引用元をご覧ください ***
_____________

▽記事引用元 生理学研究所 プレスリリース
http://www.nips.ac.jp/contents/release/entry/2013/02/post-235.html

続きを読む

【医学】統合失調症は脳の慢性炎症が要因の1つの可能性がある - 生理研など



1: ◆EMP2/llDPmnz @透明な湖φ ★ 2013/02/12(火) 00:48:11.60 ID:??? BE:922971375-PLT(17024)
 科学技術振興機構(JST)、藤田学園(藤田保健衛生大学)、生理学研究所(生理研)の
3者は2月6日、日本医科大学、理化学研究所、九州大学、久留米大学、岐阜大学、愛
知県 心身障害者コロニー発達障害研究所、アステラス製薬、放射線医学研究所、東京
工業大学との共同研究により、遺伝子操作により脳内で軽度の慢性炎症を起こさせた
マウスは、脳の一部が未成熟な状態になっており、その結果、「作業記憶」の低下や巣
作り行動の障害が引き起こされていることを明らかにしたと発表した。

 成果は、藤田保健衛生大 総合医科学研究所の宮川剛教授、生理研の高雄啓三特任
准教授らの共同研究グループによるもの。研究はJST戦略的創造研究推進事業チーム
型研究(CREST)の一環として行われ、詳細な内容は、米国東部時間2月6日付けで米国
神経精神薬理学会誌「Neuropsychopharmacology」オンライン版に掲載された。

 統合失調症は、あらゆる人種や地域において、総人口の約1%で発症するが、未だに十
分な予防・治療法が確立されていない精神疾患であり、近年、その原因遺伝子探索に向
けた大規模な「ゲノムワイド関連解析」が実施されている。その結果、統合失調症は単独
の遺伝子変異で引き起こされることはごくまれで、多くの場合は複数の小さい効果を持つ
遺伝子多型による遺伝的要因とさまざまな環境要因の組み合わせによって発症するもの
であると考えられるようになった。

 また、複数の信頼性の高い大規模解析により、免疫に関わる遺伝子情報が多く含まれ
る領域である「主要組織適合遺伝子複合体(MHC)」において、統合失調症に関連する遺
伝子多型が多数同定されており、そのMHC領域と統合失調症との関係が注目されるよう
になってきており、研究グループも発足された2003年から、160を超す遺伝子改変マウス
の系統に対し、「網羅的行動テストバッテリー」を用いた行動調査を実施してきており、今
回、それらの中から「Schnurri-2欠損(Shn-2 KO)マウス」が、顕著な行動異常を示す系統
であることを見出したという。ちなみにShn-2は当初、MHC領域に結合する分子として発見
されたが、現在ではMHC領域にある遺伝子の発現制御に関わっているものであると考え
られるようになっているという。

 今回の研究では、Shn-2 KOマウスは、野生型マウスに比べて作業記憶(状況の変化や
作業の進行に応じて、必要な情報の処理と保持を行う一時的な記憶機能)が悪くなってい
たほか、「プレパルス抑制(PPI)」の障害、社会的行動の低下、巣作り行動の障害、快楽
消失など統合失調症とよく似た行動異常のパターンを示すことが網羅的行動テストバッテ
リーによる解析で明らかにされた。

 PPIは、強い刺激、例えば大きな音をヒトや動物に突然与えると驚愕反応が引き起こされ
るが、その刺激の直前に微弱な刺激(小さな音)を提示すると驚愕反応が抑制されること現
象であるが、統合失調症の治療薬として使われている「ハロペリドール」の投与で改善する
ことが確認されたとのことで、同マウスで見られた一連の行動異常が統合失調症患者で見
られる認知障害や陰性症状などに相当するものと考えられたことから、行動レベルで統合
失調症患者にそっくりなマウスを同定することに成功したことが示されたこととなった。

http://news.mynavi.jp/news/2013/02/09/009/images/001l.jpg
画像1。Shn-2 KOマウスで見られた統合失調症に似た行動異常に関するデータなど。8方
向放射状迷路(A)で調べられる作業記憶が顕著に悪くなっていた(B)ほか、活動性の亢進、
社会的行動の低下、プレパルス抑制の障害など統合失調症に似た行動異常のパターンだ
と示された(C)

>>2に続く

ソース:マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2013/02/09/009/index.html

★依頼スレ@レスhttp://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1355754323/167番より

続きを読む

【医学】冬虫夏草で肝細胞がん縮小 金沢医科大名誉教授ら確認



ブログネタ
健康 に参加中!

1: 白夜φ ★ 2013/03/07(木) 15:29:06.53 ID:???
冬虫夏草で肝細胞がん縮小 金沢医科大名誉教授ら確認

古くから滋養強壮などの漢方薬として珍重されてきたキノコ「冬(とう)虫夏草(ちゅ うかそう)」を使った薬剤治療に肝細胞がんの進展を
抑える効果があることを、金沢医科 大の平井圭一名誉教授(解剖学・分子細胞形態科学)らのグループが3日までに確認した 。
この治療を受けた患者の生存期間が延び、がん細胞が縮小する効果があり、副作用はみ られなかったという。
 
研究は土佐清水病院(高知県土佐清水市)の丹羽耕三院長と協力して実施。
成果は米国 の国際的がん専門誌「インテグレーティブ・キャンサー・セラピーズ」に掲載された。
平 井名誉教授によると、冬虫夏草はこれまでも経験的にがん患者に処方されていたが、
科学 的にがんの抑制効果を実証した研究は世界初という。

平井名誉教授によると、肝がんの9割を占める肝細胞がんは初期段階では症状がないこ とから、発見時には進行して切除できない場合が多い。
その場合、抗がん剤などによる治 療を行っても、世界平均で12カ月以内にほぼ全員が死亡している。

研究では1998年から2002年に生薬治療を受けた101人の肝細胞がん患者のデ ータを比較。
生存期間の中央値を比較すると、冬虫夏草を含まない2、3種類の生薬によ る治療を受けた患者群は6・4カ月だったのに対し、
冬虫夏草を主体にした4種類の生薬 による治療を受けた患者群は40・2カ月だった。

このほか、冬虫夏草主体の生薬治療を受けた患者群は、CT画像診断で肝細胞がんの縮 小が確認され、がん細胞増殖の指標となる腫瘍マーカーも低下した。
従来の抗がん剤治療 では吐き気や脱毛、白血球減少などの副作用が課題となっているが、冬虫夏草では重い副 作用は確認されなかったという。

平井名誉教授はこれまでにも、南米・アンデス山脈の樹木から副作用のない抗がん性物 質「フラノナフトキノン」を発見している。
今回の成果について「効果を科学的に証明す ることで、患者に負担の少ない自然成分を使った薬剤治療を後押ししたい」と話した。

冬虫夏草 セミやクモ、ガの幼虫などに寄生するキノコの総称。
冬季に虫の体内で菌糸 を増やし、夏季に殻を破って草のように生えてくる。
中国科学院と中国政府は、中国の高 山に生息するコウモリガの幼虫に寄生するキノコだけを「冬虫夏草」と限定し、生態保護 している。
これまでの研究では、老化の原因となる活性酸素の発生量を抑制することや、 免疫力向上に効果的なことなどが確認されている。
_____________

▽記事引用元 北國新聞 ホッとニュース 【3月4日01時45分更新】
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20130304401.htm

▽関連
Integrative Cancer Therapies
Evidence That Naturopathic Therapy Including Cordyceps sinensis Prolongs Survival of Patients With Hepatocellular Carcinoma
http://ict.sagepub.com/content/12/1/50.abstract

続きを読む
ギャラリー
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【宇宙】初の韓国製ロケット打ち上げ、前倒し計画を見直し 時期短縮に伴う追加予算の額があまりにも大きく…
  • 女性の好みが男性器の進化に影響
  • 超能力開発実験
  • 糖質0%にダイエット効果はありません。
アクセスランキング
  • ライブドアブログ