1: 白夜φ ★ 2013/06/16(日) 00:01:11.78 ID:???
微小リボ核酸ないと排卵障害 不妊の原因、大阪大が解明


微小なリボ核酸(マイクロRNA)のうち特定の種類のものがないと、不妊症の原因になる排卵障害が起きることを
大阪大微生物病研究所のチームがマウスで解明し、13日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

排卵がないと精子と受精できず、不妊になる。
チームの蓮輪英毅助教は「排卵障害のメカニズムに新たな視点が加わった。診断の目印として役立つ可能性がある」と話している。

マイクロRNAはさまざまな遺伝子の働きを調節する物質。
チームはこのうち、脳下垂体に多くあるmiR―200bとmiR―429という2種類を持たないようにしたマウスの雌は、妊娠しにくいことに着目した。

2013/06/14 03:00 【共同通信】
_____________

●微小リボ核酸ないと排卵障害 不妊の原因、大阪大が解明
▽記事引用元 47NEWS 2013/06/14 03:00配信記事
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061301001401.html

▽関連
Science DOI: 10.1126/science.1237999
MiR-200b and miR-429 Function in Mouse Ovulation and Are Essential for Female Fertility
http://www.sciencemag.org/content/early/2013/06/12/science.1237999.abstract

2: 名無しのひみつ 2013/06/17(月) 15:54:33.59 ID:zI2SsdYQ
阪大、不妊に関係する物質特定 不妊症のメカニズム解明
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1303L_U3A610C1CR0000/

阪大、排卵障害治療に道-マイクロRNAの調節機能が関与
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020130614eaak.html?news-t0614

細胞の「ゴミ」分子、実は妊娠のカギ 大阪大が解明
http://www.asahi.com/tech_science/update/0614/OSK201306130168.html