1: ベガスρ ★ 2013/04/26(金) 16:59:04.14 ID:???
"東京医科歯科大など、MRI対応の低磁性ジルコニウム合金を開発"

東京医科歯科大学の塙隆夫教授は、ナカシマメディカル(岡山市東区、中島義雄社長)と大阪大学、
北海道大学、東北大学などと共同で、人工関節、骨固定材、脊椎のスペーサーなどに用いる
低磁性ジルコニウム合金の開発に成功した。

アーチファクト(用語参照)を出さずに磁気共鳴断層撮影装置(MRI)でも診断できる。
5月に試作品を製造し、7月ころに中型の動物実験を計画する。
低磁性合金の開発はMRIの普及加速にも拍車がかかりそうだ。
MRIは非侵襲で放射線被ばくがなく、精度の高い断面画像を得られる。
一方で、ステンレスなどの金属はMRIを使用する際の強磁場の環境下では発熱や動きが生じるため、
体内に金属が埋入されている患者に対してMRI診断は実施できない。
現在、MRIの磁場強度は1―1・5テラスが標準的だが、3テラスのMRIも普及し始めている。

日刊工業新聞 2013年04月26日
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720130426eaak.html

続きを読む