2ちゃんの科学

【菌類】新たに発見されたオレンジ色のカビ菌 オランダ皇太子にちなんで名付け




1: 白夜φ ★ 2013/04/18(木) 22:44:42.97 ID:???
オレンジ色のカビ菌、オランダ皇太子にちなんで名付け
2013年04月17日 13:30 発信地:ハーグ/オランダ

【4月17日 AFP】新たに発見されたオレンジ色のカビ菌が、4月30日に国王即位式を迎えるオランダのウィレム・アレクサンダー(Crown Prince Willem-Alexander)皇太子とその家族にちなんで名づけられる。
オランダの科学者らが12日、発表した。

王室のシンボルカラーはオレンジ色。
菌はオランダ皇太子に与えられる敬称「オラニエ公(Prince of Orange)」などにちなんで名付けられるという。(c)AFP
_____________

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年04月17日 13:30配信記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2939147/10575584

▽関連
CBS-KNAW
New orange mould to bear future Dutch king's name
http://www.knaw.nl/Pages/DEF/35/042.bGFuZz1FTkc.html

続きを読む

無重力が体感できる椅子




無重力状態で浮遊するような感覚で全身リラックスできるイスが快適すぎる!!!より
1: ラグドール(千葉県) 2013/04/21(日) 20:02:26.00 ID:4EugYCCo0 BE:1155341388-PLT(12001) ポイント特典
従来型のリラクニングチェアでは、背もたれにもたれることや、足を伸ばすことは可能でしたが、腰の位置というのは固定されたままでした。しかし、腰の位置まで動かすことができ、無重力状態でリラックスできる、今までにはないタイプの椅子が発売されています。
no title


Gravity balans
http://www.varierfurniture.com/Collections/Relax/Gravity-balans-R/

ぐっと後ろによりかかることで、まるで無重力状態のようにふわふわと浮遊する感覚になり、短時間でも効果的な休息を取ることができます。
no title


部屋に置いたときのイメージはこんな感じ。
no title


こんな感じ。普通に座ることも、軽くよりかかることも、足を心臓の位置よりも高く上げた姿勢も取ることができます。。
no title


テレビを見る時には軽くよりかかり、楽な体勢でリラックスして座れます。
no title


最大限に倒れて、ぐったりと休息中。
no title


横を向いて寝る姿勢も取ることができます。
no title


http://gigazine.net/news/20130420-gravity-chair/

続きを読む

超大質量ブラックホールが「光速」に迫る速さで回転していることが判明





画像元:http://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/~yueda/newtype-press/

【宇宙】超大質量ブラックホールが「光速」に迫る速さで回転していることが判明より



1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/02/28(木) 22:54:00.94 ID:???
地球から6000万光年彼方の超大質量ブラックホールが、
光速に近い速度で回転していることを突き止めたと、
米大学の研究者らが28日付英科学誌「ネイチャー」で発表した。

研究の対象となったブラックホールはNGC1365という棒渦巻き銀河の中心部にあり、直径は300万キロ以上。
質量は太陽の約200万個分あり、表面が光速に近いスピードで回転しているという。
研究チームは米航空宇宙局(NASA)の宇宙望遠鏡「NuSTAR」と、
欧州宇宙機関(ESA)のX線観測衛星「XMMニュートン」を使って
このブラックホールの高エネルギーX線を測定。
ここから回転速度をはじき出した。同じような試みはこれまでも行われたが、
速度を決定的に算出できたのは今回が初めてという。

メリーランド大学のクリストファー・レイノルズ教授は、超大質量ブラックホールを理解することは
宇宙の生成と進化について知ることと深くつながっていると語る。
また、研究チームのリーダーであるハーバード・スミソニアン天体物理学センターのグイド・リザリティ氏は、
「回転速度の測定はブラックホールの成長、ひいては銀河の進化を理解する手段となる」と述べた。
今回のような分析をさらに遠方の銀河に対しても行い、銀河の進化のさまざまな段階を追うことが夢だと語る同氏。
「はるか遠い銀河にある数百ものブラックホールを分析するためには、
今よりはるかに感度のいい次世代の観測施設が必要だ」と今後の展望を述べた。

ソース:CNN(2013.02.28 15:58)
http://www.cnn.co.jp/fringe/35028900.html
画像:棒渦巻き銀河NGC1365のブラックホールの回転速度を測定
http://www.cnn.co.jp/storage/2013/02/28/70639adc63fcb5236ce75a8c48a4ae80/130227165200-black-hole-spin-story-top.jpg
画像:超大質量ブラックホールのイメージ図
http://www.cnn.co.jp/storage/2013/02/28/f07aa54b0dcfe386bd16f3ab2299a16b/blackhole-image.jpg

続きを読む

紙の太陽電池 製造コスト従来の10万分の1






【技術】紙の太陽電池 製造コスト従来の10万分の1 阪大グループ開発より

1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/02/17(日) 15:13:34.91 ID:???
紙の太陽電池:製造コスト10万分の1 阪大グループ開発

能木准教授らが開発した厚さ1ミリ以下の紙の太陽電池=能木雅也准教授提供
http://mainichi.jp/graph/2013/02/17/20130217k0000e040136000c/image/001.jpg

木材パルプを原料にした「紙の太陽電池」を、大阪大学産業科学研究所の能木(のぎ)雅也准教授
(材料学)らのグループが開発したと明らかにした。
太陽電池は小型、薄型化の研究が進むが、今回は材質上、環境に優しいことが特徴。
製造コストも従来の10万分の1に抑えられるという。
厚さ1ミリ以下で折りたたむことができ、災害時に被災地で使うなどの用途が考えられる。

太陽電池は、光エネルギーを電気エネルギーに変換する部分(素子)と電気を運ぶ配線、これらを包み込む基板で構成される。
基板は、素子に太陽光が届くように、透明なガラスやプラスチックを使うことが多い。

今回、グループは、木材パルプの繊維を厚さ15ナノメートル(ナノは10億分の1)と超極細にし透明にすることに成功。
これを基板に使った。素子には一般的に使われるシリコンなどではなく薄い膜状になる有機物を、配線には細い銀のワイヤを用いた。

その結果、電気の変換効率は3%と、家庭の屋根に取り付ける一般的な太陽光発電パネルの10~20%よりも低いものの、
今回と同じ素子を使ったガラス基板の太陽電池と比べると同程度。今回、試作したのは縦2センチ、横5ミリ。
実用化した際の製造コストは、ガラス基板の約10万分の1、プラスチックの500分の1~5000分の1。
製造方法も、加熱して配線を基板に付ける方法から、圧力を加える方法に改め、消費エネルギーを少なくし、環境に優しくした。
数年後の実用化を目指している。【吉田卓矢】

毎日新聞 2013年02月17日 11時14分(最終更新 02月17日 14時40分)
http://mainichi.jp/select/news/20130217k0000e040136000c.html

続きを読む

【医療】福島県で暮らしている人の食品由来の内部被ばくは極めて低い/チェルノブイリの知見を遙かに下回る…東大・早野龍五教授




1: ● ◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★ 2013/04/11(木) 13:22:36.52 ID:??? BE:647163836-2BP(1056)
福島県内における大規模な内部被ばく調査の結果

― 福島第一原発事故後7-20ヶ月後の成人および子供の体内セシウム量 ―

発表者
早野龍五(東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 教授)

発表のポイント

福島県内でホールボディーカウンター(以下WBC(注1))を用いて三万人以上の体内セシウム量を測定し、
チェルノブイリ事故で得られた知見に基づく予想よりも、内部被ばくが遙かに低いことを明らかにした。
特に、2012年秋に三春町の小中学生全員を測定したところ、検出限界を超えた児童生徒は皆無であった。
サンプリングバイアス(注2)が無い測定により福島の内部被ばくが低いことが示されたのは、これが初めてである。
現在の福島県内の日常生活において、食品からの慢性的な放射性セシウム摂取が
非常に低く抑えられていることが示された。

発表概要

東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授 早野龍五らのグループは、福島第一原発事故後7-20ヶ月間に、
福島県平田村のひらた中央病院に設置されたWBCを用いて、32,811人の内部被ばく調査を行った。
その結果、福島県内の放射性セシウムによる土壌汚染度にチェルノブイリ事故後の知見を当てはめて
予想した値よりも、福島県内の内部被ばくは遙かに低いことが明らかになった。
特に、福島県三春町において、小中学生全員を測定したところ、2012年秋の段階で
検出限界を超える放射性セシウムが検出された児童生徒は皆無であり、福島の内部被ばくが低いのは
「サンプリングバイアス(安全そうな人ばかり測ると実際より不当に低い数値が出てしまう)」
によるものではないことが初めて示された。

>>2へ続く

東京大学>プレスリリース
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2013/13.html
「Proceedings of the Japan Academy Series B」(オンライン版4月11日)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/pjab/89/4/89_PJA8904B-01/_article

続きを読む
ギャラリー
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【医療】子宮頸がんワクチン推奨を一時中止 全身の痛みが数か月間続くなどの重い副反応の報告300件超/厚労省
  • 【宇宙】初の韓国製ロケット打ち上げ、前倒し計画を見直し 時期短縮に伴う追加予算の額があまりにも大きく…
  • 女性の好みが男性器の進化に影響
  • 超能力開発実験
  • 糖質0%にダイエット効果はありません。
アクセスランキング
  • ライブドアブログ